令和3年4月1日から建築物省エネ法が改正されました

改正建築物省エネ法が令和3年4月1日から施行されております。

以下、戸建住宅等に対する措置について抜粋いたします。

——–
【説明義務制度】(新たに創設)

・300㎡未満の小規模住宅・建築物の設計に際して、建築士から建築主に対して、以下の内容について書面で説明を行うことが義務づけられます。

1 省エネ基準への適否

2(省エネ基準に適合しない場合)省エネ性能確保のための措置

・300㎡未満の共同住宅や小規模店舗等も対象となります。

・建築主に交付する説明書面は、建築士事務所の保存図書に追加されます。
——–

 

建築主に渡す説明書などは、しっかり保存しておくことが求められます。データバンクをご活用ください!

 

詳細は、国土交通省の特設サイトからご確認ください。

update:2021/04/02  |  カテゴリー: